■戦後世代に訪れた転換期(中篇)

時代の転換期に直面している現役フロントランナーの40代・50代は、新しい時代に生きる自分の姿を長期的に描いて、「1枚目のドミノ」を倒すことが大切です。

 

しかし残念ながら、多くの人の反応はいま一つ。どこか他人事のようです。時代が転換するまで時間も掛かるし、転換後の時代に生きるのは、自分たちではなく次の世代だと思っているのでしょうか?

 

現実を再確認するためには、未来への時間軸を持つべきだと思います。あなたが45歳で、「70歳ぐらいまで働ければいいな」「85歳ぐらいまで生きられたらいいな」と思っていたら、将来後悔することになりかねません。

 

85歳になるのは40後の2057年です。95歳まで生きるのが当たり前になっているでしょう。「先進国の寿命は15時間伸びていて2045年には百歳になるだろう」というのが世界的な予測です。

 

そして、70歳になるのは25年後の2042年です。75歳(あるいは80歳)まで働くのが当たり前になっているでしょう。一旦そうなると、「60歳定年とか65歳まで再雇用なんていつの時代の話?」とすぐ切り替えるのが日本人の特性です。急速に常識は変わります。

 

社会が大きく変わっていく今の時代では、「未来の姿を見通し、そこから今を考える」ことが大切です。

 

次に大切なのは、「人生の軸を持つ」ことです。

例えば、「いい人生だったと最期に思える」ことを人生の軸にして、これに照らして、これからのあらゆる選択肢や行動を決めていきます。社会がどう変わろうと、この判断軸を持っていればブレることはないし、後悔することもありません。

 

今、あなたは、95歳までの人生シナリオをどのように描きますか?

 人生は後半戦の良し悪しで決まります。そこで、後半戦を4枚のドミノで考えてみます。1枚目は「45から60歳」。2枚目は「60から75歳」。3枚目は「75歳から」。その期間終了後に、それぞれのドミノを倒します。最後の4枚目は「ゴール」です。

 

何歳でゴールを迎えるかは誰も分かりません。95歳、ひょっとすると百歳かもしれません。何歳であれ、最後のドミノを自力で倒して、「いい人生だった!」と思えることが目指す姿です。

 

そうなるために、「3枚目はどんなドミノを倒したいのか?」「では2枚目はどうなのか?」と考えていきます。そうすると、倒したい最初の1枚の姿が見えてきます。連鎖の起きる1枚目のドミノをきちんと倒せば、確実に最後のドミノを倒せます。

 

次回、後篇ではそれぞれのドミノの内容を考えます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です