花火

まだ季節的には早いのですが、私は夏の花火がとても好きです。でも江戸っ子の自慢である隅田川の花火は生で見たことはありません。ディズニーランド・豊島園・富士急ハイランド等の遊園地の花火や、仕事で訪れた長岡や熱海等の地域の花火、各種イベントの花火、何処で観ても、どんな規模でも花火は素敵です。

隅田川の花火は地上の桟敷席からも屋形船からも観る機会がありましたのに、「また今度」と逃してきました。今思うと本当に残念なことをしました。今は床に座ることが出来ませんから、桟敷や船席で見ることは当分出来ません。いつも言っていますが、チャンスの神様はやっぱり前髪しかないんですね。見ておけば良かったです。

この春に、ブログで散々書きましたが、私は桜も大好きです。花火と桜は私の中で似た様なイメージがあります。それは力強さと潔さです。人々に大きな感動を瞬きのような時間の中で与えてくれる貴重な存在です。仕事上の立ち居振る舞いの姿とは異なり、自分自身が女々しく優柔不断な所があるせいか、桜と花火という二つの男前に惚れ込んでいます。

どんな環境に置かれても、どんな状況であっても、自分で責任を取る、人のせいにしない、自分で決める、そんな理想を持っています。それを春は桜、夏は花火に重ねているのかもしれません。

 

春は桜

夏は花火

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です