暑い!!私は勝手だ…

脳梗塞を発症して丸々半年が過ぎました。今日午前病院で、久しぶりに担当医の定期問診を受けました。発症後半年経つと、今までの傾向では、病院のリハビリ期間(「急性期」から「回復期」まで)を卒業して、「維持期」という次のステージ(今の身体状況を保ちつつ日常生活をこなすことを主眼に置く)に移行します。それはそれで大事なことですが、私はもう少し「地道なリハビリ」を続けて足掻きたいと思っています。

これ以上の回復は無いということは医者であっても言えないし、分からないのですが、医療の世界に於いては半年経過した時点で、「暗黙の了解」の下、病院でのリハビリを打ち切るのが常態のようです。でも私は今の時点で、日々の生活そのものを不自由な体でどう送るかを考えるステージには行きたくないのです。

そこで半年過ぎたこの時期に“敢えて”、「リハビリを受ける回数を増やして欲しい」と担当医に申し出ました。担当医はやや困惑気味に「努力すれば今より良くなるというものでもないよ」と言いつつも、“GOサイン”を出してくれました。

今までの私なら、世間の常識や傾向に従っていたと思います。しかし今の私は何しろこの「病気の怖さ」と「そこからの回復の経緯」を世の中に伝えたい、「決して罹って欲しくない」「でも例え罹っても努力すれば出口は見出せる」ことを、実体験を通じて伝えていきたいと思っていますので、「今まで通り」ではダメなのです。

チャレンジが今の私に出来る唯一の社会貢献なのです。だから私は勝手な人間を目指します。「今までの傾向・今までの事例」にどれだけ多くの絶望が含まれているか身をもって体験しましたから、諦めの悪さを追求していきます。結果はある意味どうでも良いのです。

今日は午後も外出しました。杖をついて歩く私にとって「雨は私の外出の大敵だ!」と言って、天気の良さを渇望していたのに、東京は今日30度を越える暑さで…「太陽が邪魔だ!!」と思わず呟いてしまいました。私はヤッパリ勝手です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です