卒業30年目のクラス会

29日の土曜日に大学のクラス会がありました。大学の集まりというと「同窓会でしょう?」とよくいわれますが、1980年卒業上智大学経済学部経営学科44クラス(クラス名)の集まりです。40名強の人数でしたが、その中の半数ぐらい?の現役合格組(私は浪人です)がよくまとまっていたと記憶しています。それでも卒業して30年も経って、クラスという小さな単位なのに、金沢や三重からも仲間が集まるのは、ひとえに幹事をしてくれている萩原君(彼は現役です)のお陰です。

クラス会は一年に一回「オールソフィアンの集い」(卒業生が上智の四ツ谷キャンパスに集まる日)の前の日にいつも開いています。私は昨年からの参加ですが、夜の飲み会(今回は四ツ谷でソフィアンが経営しているイタリアン)だけではなく、昼から萩原君が企画してくれたツアーがあります。

今年は、日の出桟橋から浅草まで船に乗り、旬の「スカイツリー」を見たり、浅草寺脇の常磐堂で「雷おこし」作りを体験したり、神谷バーで生ビールをチェイサー代わりに電気ブランをチビチビ飲んでほろ酔い気分になったり、夜の飲み会までの時間も楽しく過ごしました。

浅草行きの水上バスの中で…

東京スカイツリーをバックに

雷おこし製造体験教室

毎回ツアーのテーマが設定されています。昨年は「コンセプトは「鉄子」+「スイーツ男子」=「青春」、今年は「祝卒業30年パール婚とみどりの半分快気祝い」でした。仕事も多忙なのに、企画、下見、連絡、当日の仕切り役、それに思い出集め(今回は卒業した時の就職先一覧表があり、一気にあの当時にタイムスリップしました)と奮闘してくれています。本当に有り難いです。

今回も私の発症を聞いて会社にお見舞いに来てくれたり、ブログを毎日チェックしてくれたり、クラス会で私の本を紹介してくれたり、色々と配慮してくれます。同級生との「縁」も彼が繋いでくれました。参加したみんなから優しい励ましを受けて、本当に嬉しかったです。社長も一緒に参加しましたが、帰りには「本当に良い仲間だ」とほろ酔い加減で何回も繰り返していました。

その嬉しさの中で、つくづく思ったのは、「仕事も大事だけど、人との繋がりや関係をこれからはもっと大事にしよう!一番に考えよう!」という反省と決意でした。会社を設立して18年。目の前の仕事を何よりも優先して走ってきました。でもこれからは仕事以外でも人と出会い、その縁を大切にしていきたいです。

「みんな本当にありがとう。来年はもっと元気になって、登場しますね」

 

 

卒業30年目のクラス会” に対して1件のコメントがあります。

  1. まーくん より:

    みどり、ありがとうね。少し無理をさせてしまったか心配です。また来年も集まりましょうね。
    今日、郵便で資料発送しました。

  2. admin より:

    >まーくん
    こちらこそ楽しい時間をありがとう!
    体調は大丈夫です。
    人に出会えるのが一番のリハビリになります。
    歳月は流れても、あの頃の記憶が蘇りました。

  3. まーくん より:

    写真入れ替えたね

  4. admin より:

    >まーくん
    まーくんが写っている写真が少なかったので、替えました。
    よく気づいてくれました!!うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です