自分自身+誰かの人生

昨日、統合医療を実践されている赤坂AAクリニックの森院長を訪問しました。目的は、仕事の打ち合わせと、私の検査結果を聞くことです。

その検査とは、講談社が出版不況の中、肝いりで出した、医者と美容専門家と考える会員制月刊誌「Health & Beauty Review」の創刊号でも大きく採り上げていますが、先進医療現場で話題の「遺伝子検査」です。

「Health & Beauty Review」表紙

 

この「遺伝子検査」は、生活習慣に関する60種類の遺伝子を解析して、一生変わらない自分特有の遺伝子情報を知り、その遺伝子情報に沿って、自分に最適な栄養の摂取と運動の仕方の指導を受けるものです。栄養も運動も、遺伝子が違えば人それぞれ違うので、自分の遺伝子を解析し、その遺伝子情報に沿った生活習慣を身に付けて、病気を寄せ付けない活力ある人生を送るという考え方です。

森先生から勧められていたのですから、血液クレンジングと一緒にもっと早く受けて、自分の体をよく知っておけば発症も防げたと、悔しく思っています。この検査は妹も今回受けたので、姉妹でどの様な差が出るか楽しみです。

森先生のクリニックには多くのスタッフが居ますが、その中に先生の提唱するアンチエイジングを実証している女性がいます(勿論他のスタッフもみんな若々しいです。)彼女の名前は永沢幸子さん。ブログに写真ものっていますので、ぜひ見て下さい。→http://ameblo.jp/aacnagasawa/

つい先日孫が生まれておばあちゃんになったとはとても思えない心身ともに若いです。彼女は今森先生の片腕として忙しく働いていると同時にお母さんの介護もしています。でもいつも明るく元気です。すぐヘタレになる私は見習わなくていけません。

自分だけでも持て余すのに、父母、子供、兄弟、夫等々、様々な誰かの人生に関わって生きなくてはならないのは、とても大変なことだと思います。たくさんの人がその大変さの中で生きています。でもそれが人生なんだとも思います。私も妹や父や家人に関わって支えていける人間になりたいものです。

森先生、永沢さんと一緒に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です