●学び直し

 

私たちの会社も推奨しているし、大事だなと思うのが、学び直しです。人は幾つになっても、というよりも最後まで、考えたり、新しい情報を掴んだり、他者と議論することが必要です。

 

30数年前、研修業界に入り、先輩や取引先、お客様から様々なことを教わりました。幸せなことに、最初に出会った上司が尊敬出来る人で、彼からたくさんのことを教えられました。

 

その前の企業では人事部に所属していました。その頃には興味もなかった人材育成に目覚めたのは、この上司のお蔭だと思っています。もっと言えば、今でも人材育成の講師として生きていられるのは、この出会いが全てです。

 

お客様にも素晴らしい人がたくさんいました。なかでも一番力を与えてくれたのは、御茶ノ水にあったスポーツメーカーのS次長です。今でもその教えは生きています。

 

というふうに最初の出会いが私を成長させてくれたのですが、今思うことは、それだけでここまで生きてしまったことが良かったか?ということです。

 

今までは良かったけど、今後を考えると、再度、研修と人材育成と向かい合うことが必要なのでは?と思うのです。自分の持っているものを、世の中に残していく、後輩に繋いでいくとしたら、学び直しが必要なのではと思うのです。

 

今までは、目の前にある小さな思いを全うするために、がむしゃらに走ってきましたし、それで自己完結出来ていました。

 

でもです。年輪を重ね、それに時代環境も変わった今は、自分の持っているものを一度、全部並べて、整理整頓し、不要なものを捨てる、足りないものを補う、良きものは更に磨くことが大事なのではと感じるのです。

 

でないと、自分の歴史が尻切れトンボになりそうに感じる今日この頃です。どう学び直すか?が私の課題でもあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です