●我が身は振り返られない

 

ベテランのリーダーが、「あの子も、もう少し愛想が良いといいですよね」と後輩社員を見て、私に言う。

 

私はいつも心の中で、「貴女も周囲からそう言われていますよ」と繰り返す。ベテランリーダーは周囲から自分が愛想がないと言われていることを知りません。ましてや、自分に愛想が欠けていることに気づいていません。

 

「人の振り見て我が振り直せ」はそう簡単なことではないと、この頃とみに思います。それにプラスして、組織の中でキャリアを重ねてくると、もう殆ど自分のことを振り返られなくなると感じます。

 

リーダーシップ研修の中で、「人を受け入れる、人から受け入れられることの重要性」を随分伝えていますが、他人事としては皆さん受け入れるのですが、自分事としては捉えていないようです。

 

と言っている私も、自身の振り返りは出来ていないと思います。こんなに頑張っている私は悪くない、良いに決まっていると思いたいのです。それに自分の事だから、エクスキューズは何とでもできます。

 

でもです。どんなにベテランになっても、組織の中で成果を出していても、仕事は「人が人に関わって成果を出す」ものだと思います。そう思うと、自分は人からどう見られているのか? どう期待されているのか? は常に意識したいと思うのです。

 

キャリアや年齢を重ねるほど、他者との関係を大事にすべきだと思うのです。如何でしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です