●先送り

コロナの影響で、研修や調査の仕事が先送りになっています。時間を掛けられるというメリットもありますが、慣れ親しんだ仕事だと新たに準備万端ともいかず・・・。難しいところです。

時間に余裕があるから万全の準備ができるかというとそうでもないのです。今までのやり方を改善して今できることを精一杯する。そういうスタイルで長年仕事をしてきた場合、根本から見直して整えるというのは難しいのです。

 

慣れ親しんだ仕事の改革はどうしても先送りになりがちです。色々なことが停滞している今こそ、先送りせずに「そもそも」と考えるときなのです。

社員研修は何故外部に委託しているのか?定例のように行う階層別研修は果たして今後も必要なのか?集合研修の意味は何なのか?顧客満足とは何なのか?サービス業の本来の姿はどうあるべきなのか?

考えるべきべきことは沢山あります。クライアントと協議すべきことは目白押しです。コロナの影響を逆手にとり、先送りせずじっくり考え続けたいと思う今日ここ頃です。