●自粛環境で考える仕事をすること

仕事って何だと考えます。毎年のように当たり前のように行っている新入社員研修がストップしました。中止ではなくとも例年とは異なる体制で実施です。

『いつも通り』、『当たり前』が通用していません。研修業界も企業の担当も新たな方法を模索しています。ここで大事なのは、一回全てを白紙に戻すことかなと思います。

そもそも新入社員研修は何で行うのでしょうか?外部の研修講師を使う意味は何でしょうか?中途採用ではなく、新卒一括採用は何のためでしょうか?研修講師の必要性は何でしょうか?

コロナの危機は、医療崩壊を引き起こすという大きな問題だけでなく、そもそも仕事をすること、もっと言えばどう自分の人生を生きるのか?組織と自分の関係、自分と家族の関係、自分と国家の関係様々なことを考え直すきっかけになると思うのです。

30年近く慣れ親しんだ研修業界ですが、『いつも通り』、『当たり前』を見つめることも大事だと思う今日この頃です。