●部下指導

研修ではいつも後輩や部下の指導について話をしていますが、実社会でこれほど難しいものはないといつも思います。元々私は「来るもの拒まず去る者追わず」という主義でしたので、現在チームにいてくれるメンバーだけで仕事を組みたてていました。

「こういう人材が欲しい」とか「この人はいなくてもいい」とか「適材適所」とかは私の辞書にありませんでした。今いるメンバーでできることを精一杯するのが大事だという気持ちでした。だからメンバーは与えられた役割の中で自分で成長するものだと思っていましたし、自分んもそうしてきました。

 

でもです。今になってそれで良かったのかと少し後悔しています。役割を明確に与えても、与えられても人は成長できないこともあるのです。解釈の相違や価値観、今いる環境の掴み方でできない場合もあるのです。

チームで仕事をするときは、ベースのすり合わせが必要で、期待値も明確にすることが当たり前ですが、重要なのです。思いと勢いだけでは人は指導できないと今頃になって思い知った今日この頃です。